ひきこもった理由

ひきこもった理由といっても人それぞれですよね。

僕の場合は
うまく友達を作れない
家族とうまくいかない
理解者がいない
学業がうまくいかず居場所を失った

などがあるかなって思います。

5歳のころ祖父をなくしてから、この世界は悪夢の中で本当は別の世界に僕は生きているんだという空想をしていました。
そこから何とか親や周りに認められようと必死にもがいて、本当につらかったのを覚えています。

高校にあがって成績が良いことを居場所にできなくなって、ああもうダメなんだなって思ったとき、
死ぬことをあれだけ考えたのにもかかわらず、部屋にこもろうという選択ができたこと。逃げることを選べたこと。僕はその時の自分を褒めたいなって思います。

人間人生のどん詰まりに行きつくことは誰しもあります。もう立ち向かえない、そんな時勇気を持って逃げてください。何もかも投げ出して、休んでください。

ひきこもっていたころ、ひきこもりに関するTV番組を見ていて、ああこの世界には僕と同様に苦しんでいる人がいるんだな、もっとひどい状況の人もいる。もしかしたら友達になれるのじゃないかな。そんな風に思いました。

苦しんで、どうにもならなくなった経験。

その経験をしたあなたを必要としている人がこの世界のどこかにいます。

ひきこもった理由は仲間を作るためかもしれません。

コメントを残す